フルタイム ワーママの葛藤

(75) 保育園行事はちょっと・・

 健康的でないですが生活のリズムができています。慌ただしい生活を送っている中に、父母会の役員になって、「はい、総会だ、お話し合いだ、準備だ、」と特別行事がはいってしまっては、私はパンクしてしまうよ・・・の気持ちから保育園行事はちょっと・・・・という気持ちでいっぱいでした。しかし、ここ 1,2ヶ月、気持ちに変化がおきてきました。 続きを読む

(74) 子供の就寝は真夜中

ハミング発音スクールの授業は21時まであります。保育園では19時30分まで預かってもらえます。長女香奈1人のときは、保育園に迎えに行き、そのまま学校に連れて来て、空いている教室で一人で遊んでいました。帰宅は21時過ぎることもありました。遅い帰宅ですから、子供が寝るのは夜中の12時、1時は当たり前でした。子供のためにはよくないんだ!とわかっていても、どうしても仕事優先になっていました。 続きを読む

(73) 傷つくことで他人の気持ちもわかる

「ママ、パパの手伝いをしてくれるから助かる」という言葉も、子供にはよかったのだと思うのですが、さらに、私がしっかりしていないところを見て、香奈がしっかりしなきゃ(勘違い!)と思ったようです。「ママ、ちゃんと冷蔵庫締めた?」と今朝も注意されました。

「ママ、電気消してよ。」と部屋中の電気も消して回ります。「トイレのドアも閉めて」と怒ります。 続きを読む

(72) ままごとの延長

 4歳の長女が自分自身で目覚め、支度して、弟の面倒をみて、両親から「香奈ちゃんが手伝ってくれると助かる。ありがとう」と伝えてから、香奈は驚くほど手伝うようになりました。
弟にミルクを上げるのは香奈の仕事、そしてトントンとお尻を叩いて(かなり乱暴ですが) 子守唄を歌い、夜、寝かせたりします。
離乳食が始まってからは、香奈が食べさせてあげます。

(ただし、すごく汚くなります。汚くなるので仕事は増え、私が自分であげたほうが早いのですが、そこは我慢しています。)

「香奈ちゃんがたっくんにミルクをあげていると、ママは茶碗洗いできるから、助かるでしょう!」と最近はちょっと威張っています。

夜は拓海を裸にして、浴室まで連れてきたり、体拭いて洋服きせたり、掃除機かけたりママ気取りの香奈です。

「はーい 靴でちゅよ。ちょっと待ってってね。動かないでね。すぐ終わりますからね。」と話しかけながら拓海に靴を履かせる姿をみて、吹き出すパパでした。

「ママより、香奈のほうがママだ。」と大笑いされます。

(71)誰のための行動?

 ある日 保育士さんからこんなお話を聞きました。「3歳になったMちゃんがインターナショナルスクールに通いだしました。Mちゃんは集団生活は始めてです。お母さんは、子供の友達は私が選んであげる、何もわからないんだから、私ができることはしてあげなきゃ!タイプのお母さんだそうです。 続きを読む

(70)人の役に立つ喜び

 玄関先で、香奈に「香奈ちゃん ありがとう手伝ってくれて。香奈ちゃんが自分のことは自分で準備して、たっくんの面倒もみてくれたから、ママとっても助かった。ありがとうね。」と伝えました。
はじめは大変不安なお手伝いでした。私がやったほうが早いとも思うお手伝いでした。 続きを読む

(69) 怒らない朝はいい気分!

大きな3ヶ月の拓海を抱えて、ミルクをあげる4歳の香奈。空になった哺乳瓶をみて喜ぶ香奈。
次は??「ゲップですよ。」(よく見てるよな・・と感心する私)山積みのお布団に 拓海の体を挟むようにして座らせて、背中をたたく香奈。 (痛そう・・・。) 続きを読む

(68) 子供のままごとは真剣勝負

 大きな3ヶ月の拓海を抱えて、ミルクをあげる4歳の香奈。空になった哺乳瓶をみて喜ぶ香奈。
次は??「ゲップですよ。」(よく見てるよな・・と感心する私)山積みのお布団に 拓海の体を挟むようにして座らせて、背中をたたく香奈。 (痛そう・・・。) 続きを読む

(67) 4歳の長女のはじめての手伝い 子供から学んだ基本

 いつもの時間より1時間早く起こして、4歳の長女には、何をするかは言わないぞ!と決めた朝。
長女は、一人で食事の用意し、ごはんを食べてました。
その香奈は食事の後、茶碗を片付け、歯磨きし、保育園の準備をして、弟の拓海の世話をし始めました。当時、弟拓海は生後3ヶ月です。 続きを読む

(66)朝の味噌汁

朝6時。いつもは寝ている時間。自分の支度から始めました。そして朝ごはんを作ります。それまでの朝は食パン1枚 ぽーんと焼くだけ、そして無理矢理食べて終わり!でした。今日からご飯を炊いて、味噌汁作っての朝です。 続きを読む