フルタイム ワーママの葛藤

(55)孤独な子育て

 「今まで完璧な母親を演じようとしてたの。パパは仕事で家にはほとんどいないし。子供がハイハイするからほこりひとつないように清潔にしなきゃ、アレルギーにでもなったら大変。家事もしっかりしなきゃ。子供には栄養をよく考えて手作りの食事を作らなきゃ、夜は早く寝かせなきゃ、と、やらなきゃいけないこといっぱいなのに、ちっとも思うように進まなくなって、あーやっぱり母としても妻としても失格だ だめな人間だ。

なんて孤独なの、って子育てに振り回されていたの。 

孤独を感じている上に、手伝ってくれない旦那でしょう。 続きを読む

(54)キャンプを通して あたふたする育児パパ

 キャンプ中のお父さんたちのお話です。お母さんは、「たまに家にいるときぐらい、手伝ってよ。私は仕事も家事も育児もしてるんだから!」とイライラします。ところが、お父さんは、お仕事でいつも遅く、たまに子育てを手伝おうと思うのですが、何を手伝えばいいのかわからないそうです。 続きを読む

(53)他人の子を叱る難しさ

他人の子供を叱るって難しいです。しかも親が近くにいるとなおさらです。
以前、電車で自分の子供が他人から注意されると、「うちの子供に、・・・」と怒っている親御さんを見かけたことがあります。子供の行為が他人に迷惑をかけていることに気がついていないのです 続きを読む

(52)給食室で汗を流すお父さんたち

食事はもちろん給食室で自炊なのですが、驚いたことに食事の支度もすべて、パパさんたちが行なっていました。
朝ごはんも早く起きてパパさんたちが準備をしてくれます。食事やレクレーションその他もお父さんたちが主に行い、お母さんたちはゆっくりしてくださいという感じでした。私の父親は子育てにも家庭のことにも無関心でした。 続きを読む

(51) 小学校でキャンプ

2003年、いつものようにキャンプのご案内がきました。川でのバーベキュー、キャンプファイヤー、花火大会、セミ捕りなど、盛りだくさん!親御さんどうしの付き合いは苦手な私ですが、大自然の中、川や山で遊べるというところに惹かれ、またその年のキャンプの日程がお盆ということで私たちにとっては参加しやすい日でしたので、一度行ってみることにしました。

そこでの3日間の生活が、それからの私の子育てを変えたのでした。 続きを読む

(50)パパさん主催のキャンプ

保育園には、ママ主催の父母会と、パパ主催のいっきの会というのがあります。パパも育児に参加しよう、楽しもうということでパパ主催のいっきの会というのが13年前にできたそうです。入園当時、いっきの会主催のBBQやキャンプなどの案内がきても無関心でした。「忙しいのにいけないよ。」という気持ちもありました。 続きを読む

(49)子供の叱り方

園の先生は違います。私のように上からの目線で子供を怒鳴りつけているのでなく、しゃがみ、子供と同じ視線になっています。そして、両手で子供の手に触れています。ただ、怒鳴っているのではなく、「○ちゃん、△くん今、どんな気持ちだと思う?○ちゃんが同じこと言われたらどう思うかな?」 続きを読む

(48)31歳ママの育児

 保育園に預けた当初、保護者会の案内をもらったり、父母主催の行事の案内をもらったりすると、「仕事が忙しいから、預けてんのに、なんでこんなに行事があるの。」という気持ちがありました。週末に仕事で忙しい私は、ほとんど参加していませんでした。そんなある日、保育園児をわが子のようにしかっている先生の姿を見てから、私の中で気持ちが変化してきました。 続きを読む

(47)保育園っていいのかも

 「やっぱり保育園なんて!」と落ち込みながらも、自分では見れないので、別の保育園に頭をさげ、無理矢理入園させてもらいました。次の保育園は、子供たちが60人ぐらいいます。朝、別れ際に泣く子供の姿をみると、いいのかなとも思ったのですが、毎日真っ黒になって帰ってくる子供、夜は疲れ果てて、ぐっすり眠る姿をみて、「なんだ、保育園って実はいいのかも」と思うようになってきました。 続きを読む

(46)園長先生と喧嘩して退園

初めての保育園での生活は?天気がよくてもほとんど部屋の中で過ごしている様子。また迎えの約束の時間に1分でも遅れると、文句を言われる。あるときは、約束の時間前に子供の荷物をもって「早く連れて帰って」とでもいうように、園の前で待つ園長先生。短気な私と折があわなく、1ヶ月にして退園。 続きを読む