(74) 子供の就寝は真夜中

ハミング発音スクールの授業は21時まであります。保育園では19時30分まで預かってもらえます。長女香奈1人のときは、保育園に迎えに行き、そのまま学校に連れて来て、空いている教室で一人で遊んでいました。帰宅は21時過ぎることもありました。遅い帰宅ですから、子供が寝るのは夜中の12時、1時は当たり前でした。子供のためにはよくないんだ!とわかっていても、どうしても仕事優先になっていました。

 1年前からは長女が5歳、来年は小学生。弟ができたので、少しはまともな生活にしなければと思い、19時30分には迎えに行き、急いで帰宅しようと頑張る毎日です。

できるだけ早く帰宅しようと思うのは親の私だけ、子供はそうは思っていません、ゆったりゆったり 歩きもゆったり。

大人だと徒歩15分で帰宅できるのですが、子供と一緒では3倍かかってしまいます。途中公園に寄り道するわ、お花屋やに寄ったり、タバコやのおばちゃんとお話したり、帰り着くのはほぼ20時30分です。

 20時すぎに自宅につき、大忙し。

早くお風呂いれなきゃ、早く食事準備して食べさせなきゃ、早く寝かせなきゃと焦る私。

そんなことは無視してうるさく騒ぐわ、散らかす子供2人。

「早くしなさい!」と叫ぶ私。というような、時間に追われる毎日です。

ほんとは早くしなさい!と言わずにいようと思っているのですが、どうしてもその言葉が出ちゃうんですよね。

長女が2,3歳の頃は眠るのは12時でしたが、最近は11時までには寝るようになりました。

・・なんて一般的で考えると遅いのでしょうが・・・・。

私にしては、「寝るの早くなったな、長女は1人で寝てくれるようになって楽になったな」と喜んでいます。

SNSでもご購読できます。