ハミング発音スクール 誕生秘話

45.初めての遠方(名古屋)からの生徒さん

1999年7月には、初めて遠方の方が受講されました。
きっかけは、名古屋にお住まいのその方からロスのあのビデオ7本を購入したいとの電話。

開校当時は、ロスからの流れでビデオ教材も販売していたのですが、なんせ高い。(安くしたいのは山々だったが、当校が作ったわけでなくただの輸入だから勝手なことはできない)

「六万は高い!」という声の他には、
「テキストに比べると収録されている文章が少ない」
「7本のわりに時間が2時間しか入っていない」

「日本語の説明がはいっていないので、どうやって音をだしていいか分からない」
「やっぱり通わないとわからない」というお声が沢山あった。

しかし、確かに私が生徒の時にも購入は義務だった。

ハミングバードのビデオ内容は楽しくていいと思うが、独学で練習する為には、教材にはかなり詳しい説明と、あとやる気が必要だ。

名古屋の方にも一応、「販売するにはしておりますが、独学ではなかなか難しいかと思います」とお伝えした。

とにかく「教材が売れればいい。売りっぱなし」は嫌だったので、最初の使い方だけでも説明させてもらうなりの、なんらかのフォローをしたいと思った。

ということで、購入前に一度東京に足を運んで頂き、ビデオ内容の説明、練習の仕方を詳しく説明したのでした。

そしてそれ機に、なんと継続して通学生徒になってくれたのでした。

東京に来るまでの時間、費用を考えたら大変なことだと思うのに、月2回は通ってきてくれた。本当に嬉しい限りです。

そして、それから少しずつ遠方の方が増えてきた。

短期集中でレッスンを受けて、しばらく自宅で練習してというパターンの方、または、2週間に1回は通って、2,3時間続けてレッスン受ける方。

南は鹿児島、北は北海道。海外からはアメリカ、シンガーポールと。

つい先日は、アメリカに永住し、ご主人もアメリカ人の奥様。

ご主人に発音を教えてもらっても分からないということで、1週間わざわざ受講しに日本に来てくれ、1週間でかなり上達され満足頂きました。

こうして、ハミング発音スクールの生徒さんは、世界各国に!

遠くからでも通う価値のあるレッスン目指してこれからも頑張りたいと思います。

****************************
今はスカイプでレッスン受けてもらえるようになりましたが、1999年は ネットって?って時代。
わざわざ鹿児島から来てくださった生徒さんとは そのあと、鹿児島でハミングの輪が広がるようになりました。

初めての名古屋の生徒さんからはいまだに毎年年賀状が来ます。
嬉しいことです。

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。