ハミング発音スクール 誕生秘話

4.なぜネイティブでなく日本人が「発音」を教えるの?…

さすがアメリカ。講師の研修では、イチからレッスンの仕方なんて教えてくれない。

先輩のレッスンを見学して「見て覚えなさい。」の世界。
そして見学と独習の後、ほんの数時間で「今日から先生」となる。

レッスンのコツなんて、まるで教えてくれない。
本当に「見て盗む」以外に何も頼るものがない。難しい!

不幸中の幸いだったのは、大学時代に塾の講師経験があったこと。当時、1ヶ月の厳しい研修を受けていたので、教えている姿や教えるポイントなどは、それらしく、又それなりに押さえてレッスンをしていたつもり。

そんなこんなで、レッスンはなんとかイケていた。
・・・発音の上達は??・・・クエスチョンマークのまま時は過ぎていったのでした。

先が不安だああああ。

ロスのハミングバードでは、日本人が4,5時間位までのレッスンのみ(口の形、アルファベットなどの比較的容易な個所)を受け持ち、その後はネイティブ講師が担当する形だった。

私が新人講師になって1ヶ月ぐらい経ったくらいだっただろうか、5時間受講後ネイティブクラスに行った生徒さんが2時間後に、また私のレッスンに戻ってきたことがあった。日本人に習ったほうが分かりやすいというのだ。

理由はどうであれ、初めての指名は嬉しかった。
だが、それからもっと必死にならなければいけなくなった。

責任重大だ。その生徒さんを「どうしても上達させなければ」と無我夢中。

結局、その生徒さんの駐在期間が終わるまでの期間、36時間近くの全てのレッスンを担当することになった。

これを機に、ロスのハミングバードでは4、5時間目までのレッスンだけでなく、それ以降も日本人が教えてもいいことになったのだった。

その時私は、ネイティブ講師から習うより、実際に苦労した日本人から、日本語で習ったほうが、発音は上達するものだということを確信。

つまり「なんでできないのか。どうすればできるのか。」を明確に指導できるのは日本人講師だということなのです。 

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。