フルタイム ママの葛藤

(92) 2歳の子供たちと満員電車30分!どうやって大人しくさせる!?

保育園のお友達2歳1ヶ月のご家族とトルコ料理を食べに行きました。

この「トルコ料理!」というのが1歳のタクミには始めてのなんともいえない経験だったようです。

夜中は興奮状態が続き、夜泣きが激しく、熟睡できずに(私と拓海です)今日の私の睡眠は3時間で出社。

私は眠い1日でした。また、私達にとってもいい経験をした夕食でした。

レストランにつくまでの道のりでは、子供達は「がまん」ということ、私達、親は、「わが子を信じること」を学びました。

 夜19時近く、満員電車に揺られて30分、うちの子1歳6ヶ月と2歳のRくんにはつらーい時間です。

お出かけする時には、お菓子を常備します。

出先で騒がれたときには!」、とすぐお菓子を渡し、「おとなしくしてね」と安易な方法を選ぼうとしてしまいます。

本当は、よくないんです。

そうすると次第に、電車に乗ればお菓子がもらえるんだ、騒げばお菓子がもえるんだ、と思ってくるそうです。

・・と、わかっていても、あげちゃうんですよね。

昨日の電車でも、私とRくんのママは、お菓子は準備万端でした。

・・がしかし、子供達は頑張りました。

満員電車の中で2歳のRくんは、ママに「おかし、おかし!」と催促します。

私がRくんを抱っこしています。

R君のママは鞄の中を探っています。

Rくんは、当然お菓子をもらえるもの!と思って、待ち望んでいました。

・・がしかし、私はRくんを抱っこしたまま、お母さんから離れて座ってしまいました。

横には5 歳の香奈がいます。

Rくんは「おかし・・」と悲しそうです。

わが子1歳の拓海は、パパに抱かれて、その様子をじっと観察しています。

今Rくんがお菓子を食べると、拓海もお菓子を食べて、おいしーいご飯が食べれなくなるぞ!と、私と香奈はお菓子のことを忘れさせようと、必死にごまかしています。

5歳の香奈は、私より上手にRくんと遊んでいます。

香奈の行動をみて、子供への接し方をちょっと学びました。

 お菓子を欲しがる2歳のRくんに 「今お菓子を食べたら、おいしい、おいしいご飯が食べれなくなるよ。もうちょっと我慢しようね。

ほら Rくん、これみてみて わあーいいな じじ(字、字)書いてみようか、何がいい?」と話しかけています。

この香奈の行動をみて、当たり前のことなのでしょうが、いくつか考えさせられました。

まず、2歳といえどもRくんの存在をしっかり認めて、名前を何度も呼んで、目をみて話しかけていました。

私は???子供の目を見て話しているかな?

続く

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。