(82) あえて、母親業務の手抜きを・・

 5歳の長女、朝、元気に保育園へ登園です。昨日、保育園の入り口で、香奈の姿を見て驚きました。「あれ?なんで手ぶらなん?」「あ!忘れた。」かばんごとすべて忘れていました。3歳のころまでは、私がすべて準備してあげていましたが、ある日突然やってあげるのをやめました。

今は自分で用意します。忘れることもしょっちゅうです。

しかし、かばんごと忘れたのは昨日が始めてですが・・・・。

かっこよく言えば、「自立」を教えています。でも、ほんとうは、「手抜き」になるかもしれません。

あえて、母親業務の手抜きをしようと思ったのは、ある親子のやりとりをみてからです 。

ある日の夕方、5歳の男の子とお母さんの会話。

「お母さん、プールの用意どうしてやってくれなかったの、今日なかったよ!」と男の子がすごい剣幕で怒っていました。

「ごめん、ごめん、朝天気が悪かったから、プールないと思って、今度は気をつける。」と、あやまっていました。

その様子をみた日から、香奈には自分でさせようと思いました。

なぜって、準備してあげても私のほうがぬけているから、いつも「タオル忘れた」「オムツ忘れた!」って感じだったので、「かまってらんないな!」と放棄しました。

かっこよくいえば、「自立させようとした」で、ほんとは「母親の手抜き」なのですが・・。

SNSでもご購読できます。