ハミング発音スクール 誕生秘話

9.やっぱり発音は無理だと諦めモード …

やがて、レッスンを36時間ほど受けたころ、すっかり諦めモードな私。
そろそろ辞めようかな、やっぱり私には英語の発音なんて無理だったんだ・・と思っていた時、社長様から呼び出し。

「ここで先生をやってみないか?」のお言葉。

確かに、当時は口の形を教えるなどの基本の基本のレッスンのみ日本人が教え、音を出すレッスンになるとネイティブ講師が担当していたのだ。

口の形だけを教えるとはいえ、私のこの発音で!?友達に話すと案の上笑われた。「そんな発音で教えるなんておしまいだね。」の一言。

「やっぱりそうだよね・・・」と思いつつ、発音講師への新たな夢に胸がときめいていた。 

この図々しさ、今も直ってないなー

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。