ハミング発音スクール 誕生秘話

86.生徒さんとしっかり向き合って行きたい

「教えることが好き」ということ以上に大切にしている事は、生徒さん一人一人の目線に立ち、しっかり向き合う姿勢だ。
当校では、ボイストレーナーに発音技術以上のものを求めている。なぜ、そこまで質にこだわるか?講師にこだわるか理由がある。

ロスのハミングバードで必死に講師をしていた時、先輩講師から一言、こう言われたことがあった。

「まゆみちゃん、○○さんはそんなに上手くできないと諦めているのだから、そういう人にガンバっても仕方がないでしょう。」と。

私は発音を苦手にして、苦労している生徒さんほど好きだった。

どうにかしてあげたいと思って、プライベートでレッスンをしていた。

そういうレッスンは、かなりの忍耐力を要した。

その上達度は亀の歩みのようだと思う。
生徒さんも半分、自分には無理かもと諦めているかもしれない。

でも、皆が皆、発音が完璧になってペラペラしゃべれるようになるというのを目標にしていなくてもいいと思う。

その人なりの歩みでもいいから、前に進んで欲しい。

「諦めかけていたことが、少しでもできるようになった。だから、まだまだできるのかもしれない。」という、自信を見出せればいいと思っていた。

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。