183.ロスのハミングバードの大先輩 Hさん

ロスのハミングバードで常勤しているのは、ルナともう1人女性の方がいらっしゃいました。
社長と一緒に会社を立ち上げたという50歳ぐらいの方で、バリバリ仕事をしています、というしっかりしているHさんでした。Hさんに気に入られれば、ほんとなんでも助けてくれて、すごくいい人でした。でも私は新人で改革派だったので、大先輩Hさんにとっては???だったようです。

「まゆみ、今何を仕事をしているの?」「そんなくだらないことをして!」といつも怒られていました。

なぜかルナも監視されていたので、2人でよく笑っていました。

今までロスのハミングバードの営業はすべてそのHさんがしていました。

それを「若い子たちにもやらせよう、先生たちも営業をしなさい!」という社長のお声に、当然いい顔はしませんでした。

学校内では、醜い争いのようになってきました。この体験のアポは誰がとっただ、誰が契約させただの醜いいい争いになってきました。

 どこの学校でも営業マンの戦いはあるのでしょうか?先日体験にいらした方が、「某英会話の営業マンに6時間以上つかまって、契約しないと帰してくれないということで、最後に泣いてしまいました。」とおっしゃていました。

話には聞いたことがありましたが、驚きました。

ハミング発音スクールに体験にいらしてくれて、30分ほどで話がおわり、帰り際に「怖かったんです。」と話してくれたIさん。

今はうちの生徒さんで頑張っています。

SNSでもご購読できます。