181.ほくほくのロスの社長

当時のロスのハミングバードの申込みは12回です。当時は12回で卒業するか、忙しくなって途中でいなくなっているかのパターンが多かったのですが、12 回後もリピートする生徒さんが増え、また今まで来ていなかった生徒さんも復活し、リピートして、生徒さんの輪ができて、ほくほく顔はロスの社長。
また、 12回での上達が驚くほど変わってきたので、またまた社長は大喜び。

ほくほくのロスのハミングバードの社長は私の考え、提案に耳を傾けてくれるようになりました。

よく社長室に呼ばれては、私の意見を聞かれたり、今後の戦略を考えたりと、レッスン以外の業務にも携わるようになってきました。

ほんとにかわいがってくれていました。・・が20代そこそこの小娘が突然働きだして、社長に気に入られて我が物顔で社内を歩き回っては、先輩達も気分はよくないでしょう。

SNSでもご購読できます。