180. 嬉しい指名

 さて ロスのハミングバードで先生になりたての頃、グループレッスンしかなかった学校に条件つきプライベートレッスンを導入して1ヶ月。
予想外にプライベートレッスンが増えてきました。次第に朝から夜までお昼休みなしでのレッスンになってきました。

当時はただただ、担当した生徒さんに何かを学んでいって欲しい、何かができるようになって欲しいと思っての、必死のレッスンでした。そんな思いが伝わってか、初めて担当した生徒さんからも、「わかりやすいので次回も教えてください。」と指名をもらうようになりました。

当時を振り返ると、下手な授業でよく生徒さんが、ついてきてくれたなと思うのですが、生徒さんからの指名は嬉しい限りでした。

指名がくると自然にプライベートレッスンに移行してしまうので、気がついたらほとんど毎日出社してレッスンを担当していました。

大学や通訳の学校に行きながらよくやってたよなと感心します。

すごくレッスンが楽しかったんだと思います。日々のレッスンに追われていた私は同僚のことを気遣う余裕もなかったのでした。

そのことが後々とんでない事になったのでした。

SNSでもご購読できます。