ハミング発音スクール 誕生秘話

173.途中で投げ出すこと

 ロスのハミングバードに生徒として通っていたときは、かなり劣等生かつ不真面目でした。他の生徒さんはどんななんだろうと、まず、登録している生徒さんの出席状況をすべて把握する作業を行ってみました。英会話学校ははじめに大金を払ってもらって、その後通わないで自然消滅してもらうのがもうけになると聞いたことがありました。

会社側としてはそうかもしれないけど、私の通信みたいに挫折した、やっぱり英語は嫌いだ、発音は嫌いだになっては、それまでに払ったお金と時間が無駄になってしまいます。

それなら最初からやらないほうがよかったと思うほど悲しいものはありません。

自分自身が生徒のときは、お金もなかったので、「払ったものは時間がかかっても受講するぞ、」としばらく発音学校から遠ざかっていても、ふと思い出してまた通ってということを繰り返していました。

しかし、一度予約しなかったり休んでしまうと、そのままずるずるいってしまい、勉強する意欲も失せてしまうことが多いと思います。

当時ロスの発音学校に登録している生徒さんの出席カードをみてとても驚きました。

「なんてもったいないことを、この人はたった1回できてない、この人は4回受講したっきりきてない。

あらら、この生徒さんは1回の受講で期限切れている」という生徒さんがほんと多かったのです。

もちろん、真面目に長く通っている生徒さんもいました。

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。