ハミング発音スクール 誕生秘話

168.ロスでの個人レッスンのやりくり

条件とは会社サイドがこの曜日は個人レッスンがありますから予約してください、とお客さんを集めてくれるのではなく、講師自身が生徒さんに説明をし、予約をとりつけなさい、ということでした。「生徒さんの予約がはいれば、講師は責任をもってその日出社しなさい。ただし、レッスンを教えている時間にしか時給は払いません。つまり8時間会社にいても、2時間分しかレッスンがはいらなければ、2時間分の時給のみです。」ということでした。

木曜日の夜と土曜日は会社側が用意してくれているレッスンなので 決まった時間に出社をすれば、必ず生徒さんがいて、レッスンが担当できます。
しかし、個人レッスンになるとうまい具合に予約をとれないときも多いのです。

レッスンとレッスンの間に2、3時間空白の時間ができたりして、会社で無駄な時間を過ごさなければなりませんでした。

当時の私たち発音講師の仕事には、事務作業はありませんでした。

ただ、レッスンを担当するだけでした。なので、レッスンのない時間はお金にもならないのです。

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。