ハミング発音スクール 誕生秘話

155. 中々伝わらないコミュニケーション!

同僚とすれ違いがあり、こんな事件が起こったのは、やっぱり私にも責任があると思います。

一番にコミュニケーション不足だったと思います。

私は社長やルナとはよく話していました。
ロスのハミングバードの社長には、当時のレッスンのやり方のここを改良したらいいとか、こうしたらもっと生徒さんが増えるのでは、と意見をいっていたからです。

ルナとは、時間があればプライベートの話もしていました。

しかし、たまにしか会わない他の講師とのコミュニケーションはほとんどありませんでした。

当時のパターンはレッスン始まる20分前に出社します。

 そして教室の準備をします。

生徒さんのカルテをみてその生徒さんがどうなのかとか、他の先生どうし意見交換する場もなく、レッスンにはいります。

レッスン終わって私はそのまま生徒さんとぺちゃくちゃ。そうこうするうちに他の先生はレッスン担当が終わったので退社です。

そんな話している時間もないんだもん、通じ合ってないのは当然と思っても、傷ついてる自分がいたのです。

私自身は「生徒さんが上達するには、こういう方法がいいのでは、と社長に意見をいっている」つもりでも、同僚からみたら「また、まゆみちゃんは、社長に気に入られようと社長室でおしゃべりして」としか見られていなかったのでしょう。

「息つく間もなく、レッスンにはいって、レッスンを楽しみ、生徒さんの上達に喜びを感じ頑張っている」つもりの私は、同僚からみれば「お金のためにお昼ご飯も食べずにレッスンにはいって、がめついわね」と、うつっていたのでしょう。

自分の思いは伝わっていると思っていたのですが、伝えなきゃ、コミュニケーションをとらなければ伝わらない、当たり前のことなのですが、あらためて感じた事件でした。

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。