ハミング発音スクール 誕生秘話

132.DVDも業者さん変更

2003年3月中旬とうとう違う業者さんにお願いすることになった。
今度は納期は守ってもらうぞ、という意気込みで違う業者さんと打ち合わせになった。その業者さんは、ある人の紹介で「教材作りにも携わっていますから、編集は間違いないですよ」とのことだった。…がやっぱり、

これまたはずれだった。

2度の失敗をするとは思いもしなかった。
その業者さんとお会いしたのが、3月中旬。

第一印象は、「詳しそう。この人たちなら大丈夫かも」という淡い期待を抱いた。

ショッキングなことに1度目業者さんでの撮影テープを見せたら一言「わーすごい・・・」。照明の使い方が悪く、映像は暗すぎる、影ができている、音も悪い。さらに、映像と音を別撮りする必要はないのに、とのことだった。

「えー私たちの20日間の苦労はなんだったの??」と唖然とした。

普通の映像と違って、、私たちの教材のポイントは、口の動きがはっきりわかる、口の中の動き、舌の動きが明確に分かるということだった。

それが、見事にアウトといわれた。

「確かに暗いのは知っています。しかし、前お願いしていた業者さんに尋ねたら、編集で明るくなるから大丈夫です、といわれたのですが。」と答えると「この暗さは編集ではどうしようもできません。」と一言。

プロなんだからとすべてを信じていたのに。

出来上がりが15時間以上あるものを撮影し終っていたのだが、あまりにもひどすぎるというので、一から撮りなおしになった。

ハミング8メソッドのテキストは3部構成になっている。

3部すべてだと15時間以上になるのだが、今回とりあえず、1部のみを先に撮影、編集して、残りは後でということになった。

その日の打ち合わせでは、撮影日を決め、そして遅くとも打ち合わせのその日から2ヶ月後、GW明けには商品になるということで話が終った。

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。