107.コロ日記:トレーナーになるきっかけ

そんな毎日がしばらく続いたある日のことです。メールでレッスンの予約かキャンセルのやりとりをしていたら、まゆみ氏から「先生のトレーニングを受けてみないか」とのメッセ−ジがメールの最後に添えられていたのです。

(笑えるのが「明日子供産まれそうだから、詳しくは産んでからね」と。

「明日産まれそうな人が、なんでまだ仕事をしているんだ?!」と驚いたものでした。)

ちょうど、私自身ももうしばらくしたら先生になるためにはどうしたらいいか聞いてみようと思っていた矢先のメッセージでした。

嬉しびっくりで、「是非やらせてください」とウキウキで返事をしました。

もうあの時は嬉しくって嬉しくって、メールの「先生やってみない?」の部分をプリントアウトして彼(今の主人)に見せびらかしていたのを恥ずかしながら覚えています。

そして、数週間後、生まれたばかりの長女片手に、鬼特訓の日々が始まったのです。

SNSでもご購読できます。