ハミング発音スクール 誕生秘話

13.落ちこぼれ講師が教えているのに生徒さんの発音がなんと上達!?

 新米講師の私がレッスンを担当するようになって2,3ヶ月。不思議な現象が起きてきた。
私の発音は相変わらずなのに、何度かレッスンを受け持った生徒さんの上達がみるみる伸びたのだ。
たった12回のレッスンで、生徒さんの発音の流暢さが私の上を行く人が何人もでてきた。

もちろん皆、最初の発音レベルは普通のカタカナ英語でした。

しかも、真似が苦手な人や、音感はイマイチという人まで上達してきたのだ。

なぜだろう?当時の私のレッスンは、「はい私の音を聞いて真似して」といった自分の発音を見本にするようなレッスンは不可能だった。

だから、「こうしてみて。ああしてみて。」と生徒さんの口の中を覗き込みながらの試行錯誤のレッスンだった。

それがよかったのだろうか?今でも実際のところよくわからない。

一番驚きそして笑ったのは社長様。なぜゆえに、発音の下手な私から習った生徒の方が上達して、そして再受講に至るのか?

私は、ただただ嬉しかった。生徒さんが上達して、感謝してくれて、英語が好きになってくれて、表情が豊かになって、これ程嬉しいことはなかった。

また、私の発音も生徒さんに教えることで、新たに学ぶところが多く、少しずつではあるが良くなっていったのだった。 

ABOUT ME
まゆみ
ハミング発音スクール代表の大庭まゆみです。