No.33 今までの出来事が1本の線になるとき

悲しい涙じゃなくて 嬉しい涙、感動した涙

すごい泣き虫。

歌聞いても、本読んでも、仮面ライダー見ても、いつも涙

そんなシーンがあると 家族4人 すぐに私の涙をチェック。

その日も、涙いっぱいで ぐちゃぐちゃの顔で 

病気になってしまった大好きな生徒さんの言葉が、ぐるぐる

私の天職=発音 英語を教えることって
思ってたけど 

病気になった生徒さん前にして何もできないじゃんって
自己満足じゃん

こんなんじゃ だめだ

助けれてない

何も やれてないって

涙溢れてた時に見つけた1冊の本

同じALSの モリー先生の言葉で

なぜ、今、こうなってるか 

なぜ 今まで そんな経験してたのかって

つながった

生徒さんが伝えてくれた一言と、この1冊の本から。

大切な〇〇を伝えていくのが 私が生きている意味なんだった

すべて一本の線でつながった瞬間。

私は 〇〇を、その生徒さんのためにしたいんです!って身近な人に宣言したら

ハミングの卒業生や教授、友人、家族が

その生徒さんのためにって すごく時間がかかるようなこと手伝ってくれ出して

お互い知らない人たちなのに、同じ方向に向かって 1つになって

協力してくれて

嬉しい涙。

頭痛いー 耳が聞こえづらいー って
辛いときあるけど

今は もっとやりたいこと見つかって

調子いい時に感謝して 楽しもうって

娘が、ママ、やっぱり経営者らしくないね、
ちっともお金にならないことまた始めてるね 笑
カナが医者になったら いつか 家買ってあげるね って 笑笑

長女のあんたできなくても その下に2人控えてるからなーー!
長男、次女 頑張れ! 笑笑

SNSでもご購読できます。