フルタイム ワーママの葛藤

(45)2001年5月保育園入園を決断

 思い通りに物事が進まない毎日にイライラ!良くないと思い、保育園探しを始めました。
初めての保育園です。不安はいっぱいです。
こんな話すこともできない子供を預けるなんて!という罪悪感を持ちながらの入園でした。 続きを読む

(44)2001年4月 歩くようになった長女

 1歳3ヶ月すぎてやっと歩くようになった長女と一緒に仕事は・・という限界がやってきました。動き回る子供を、1日中職場で見るのは至難の業になってきました。歩くようになってきた子供と遊んでいるのでなく、「あ、危ない」「あ、これはだめ」 続きを読む

(43)仕事の犠牲になる子供 

人には預けないで自分でわが子を育てると、意気込んでいても、出産直後から仕事復帰している私がまともに子育てなんてできるわけありません。子供片手に PCに入力したり、掃除したり、電話応対、レッスン、授乳。子育てしているのか、仕事をしているのか、わからない毎日が続きました。 続きを読む

(42)自分で育てると!意地をはる

2018年、長女が17歳になりました。29歳で初めて母になった私。こんなこともあったな、って懐かしいです。
********
2000年2月 長女を出産。
ただ、ただ、子供が好きだったので、早く子供が欲しいという気持ちだけの出産でした。それまで仕事と育児、家庭の両立がいかに大変かと想像もしていませんでした。出産1週間後、職場に赤ちゃん用の部屋を作り、布タオルを山ほど持ち、出勤です。 続きを読む

(41)守られている命

流産後、また赤ちゃんが欲しくても欲しくてもできませんでした。
4歳になる長女がいるので、もういいかな、と諦めかけていました。7月になって1周忌に2人で出かけました。 続きを読む

137. 声優さんも変更

今回のDVD教材で声優さんも2回録り直して、しかも別のところにお願いした。

1度目の声優の方は、NGが多く、2時間で終るところを倍の時間を要した。 続きを読む

(40)右肩の痛み

水子供養中、涙はポロポロこぼれるのですが、同時に右肩に痛みを感じはじめてきました。
供養が終わったころにはその痛みはなくなってきました。 続きを読む

(39)「同じ命」

 2人目の命が私のお腹の中で過ごせたのはほんの少しでした。会うことはできなかったのですが、きっと近くで守ってくれていると思っています。 続きを読む

(38) 悲しみにふける

それから何か月も赤ちゃんをみては、「生まれていればあれぐらいの大きさかな」と思ってみたり、お腹の大きな妊婦さんを見かけると気になったり。 続きを読む

(37)危険な母体

一瞬、だまる先生。「残念ですが・・・。」の一言。
そして、ちょっと焦り気味の先生「今すぐ手術です。母体が危険です。」 続きを読む