78. 渋谷区に「2つのハミングバード?」

2000年4月!あの悪夢の3日間(総代理店が日本で大々的にフランチャイズをするという代理人の話。
結論を出せない私達を前に、仕方がないので2000 年春ごろに総代理店が大々的にフランチャイズを展開する際に、詳細は話しあいをもって決める、という方向性に至るまでの3日間のこと。)から8ヶ月たった

2000年4月。私たちは、大企業の「ハミングバード日本総代理店」としての進出に怯えていた。

しかもなんと代理店の場所は、目と鼻の先、同じ渋谷区にハミングバードを開校したのだった。駅でいえば、二つお隣の渋谷駅だ。

1997年に「アメリカ帰りの女性が趣味ではじめたの?」と思われるような細々としたわが社だが、「有限会社ハミングバード」の命は小さいながらも既に誕生していた。

当時は登記を福岡(私の実家)で行っていたが、この同じ年ガミガミ親父の許しがでて、社長交代を機に「株式会社」に移行し登記を渋谷区に変更したのだ。

そして、渋谷区で「株式会社ハミングバード」として登記した。その後、同じ渋谷区に目的がほぼ同じ、似たような名前の会社が登記されたのである。(通常はありえないらしいのだが…)。

SNSでもご購読できます。