55.悪夢の3日間・2日目その2 (既存のハミングバード:独学推進のE氏の場合)… 

東京で比較的メインにハミングバードの教材を使っているのは、本を出版したE氏だった。
本を出版されてから、何度かお会いしていろいろな話を聞いた。なんといっても独学推進派のE氏。私たちのやっていること、つまり、「学校にお金を払って、時間もかけて習い事をする」ということに疑問を持っていた。

彼は、「学校に行かなくとも、一人で、そして短時間で発音は学べます。」というポリシーの持ち主。

学習法も経営も、独自のすばらしい方法をお持ちのE氏。ただ、彼にとって腑に落ちないのが、「どうして独学でできるのに、お金と時間を犠牲にしてまでハミング発音スクールに通う者がいるのだろう?」ということだったようだ。

E氏から教材を購入して独学をしていた、という女性が当校に通いだした時、その方から電話があり「なぜ、学校に通うのか?」という内容で1時間以上彼女と話しをしたらしい。

その後も、そういうふうに尋ねられた人が何人もいたことを知った。確かに、学校に通わず短い時間で効率よく、しかも一人で学べるには越したことないのだが・・・。

SNSでもご購読できます。