No.3 それから10年後、20代無謀な行動へ

26歳の私
留学生活を後にし、知らない東京へ。そんなつもりはなかったのに、26歳で会社設立。仕事はしたいし、好きだけど。
英語、発音を教えていたいだけなのに。。2ヶ月 毎晩 父親のところに通って、経理の勉強。あーー数字苦手なのに。
しかも 父親 酔っぱらってて こわーー 毎晩泣いてた。

振り返ると大きな節目。
どれだけ逃げ出したいと思ったか、辛かった。

でも、仕事は楽しかった。

数人しかいなかったけど、その生徒さんたちが助けてくれてたから。

一人じゃなかったから。

感謝の毎日。

とにかく走り続けてた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*