16.グループからプライベートレッスン中心に

私の発音は人前で威張ってしゃべれるほどではないまでにも、最初に比べると徐々にましになってきた。
大学でスピーチをするときは、ゆっくり正確に、お腹から声を出すように心がけるようになった。
大学で単位をとるのに必死だった一方、いつのまにか週の半分はハミングバードでレッスンを受け持つようになった。
当時はグループレッスンしかなかったのだが、「グループでは、人それぞれ違う。弱点が良くならない」、と勝手にプライベートレッスンを作る。
(周りは反感の嵐!今までのやり方をくつがえすようなことばかりするので、かなりの嫌われ者だった私。)

そして、講師の時間に空きがあれば、予約もとれる状態になり、とにかくプレイベートを中心にレッスンこなしていった。
すると、グループでかかっていた半分の時間数で、生徒さんは上手になっていたのだ。

プライベートのいい所は、その人の苦手な所ができるようになるまで色々試せること。

しかも、自分の発音もこうすればいいのか!と発見も多かった。レッスンには生徒数もかなり集まり、笑いが絶えない、楽しいレッスンだった。

幸せなひとときだった。学生という本業を忘れ、発音にどっぷりつかっていった。 

SNSでもご購読できます。