109.コロ日記:トレーニング秘話:デモレッスン

ハミング発音スクールのトレーニングは厳しいです。どんなトレーニングをやったか、一例をちょっとお話しましょう。

まず、基本12回のレッスン(1コース)を徹底的に仕込まれます。
できないと何度でもやらされます。1回のレッスンのトレーニングを、何十回もやったトレーナーもいました。

準備としては、指導教案をしっかり読み込み、レッスンの流れとポイントをしっかり頭に入れることから入ります。

私は、指導教案を見ながら自分なりにレッスンメモを作り、会社の休み時間やトイレでそれを見ながら、こっそりイメージトレーニングをしたものでした(笑)。

ここまでは、やって当たり前の誰でもできること。

大変なのはここから。

「じゃあ、今日は2時間目のレッスンやってみて」と、トレーナーの卵同士、先生役・生徒役を交互にやりながらデモレッスンをします。

側には、まゆみ氏はじめ、各トレーナーがメモをとりながらチェックしています。

そして一通り終ると、トレーナー同士「良かった所、悪かった所。」を意見しあうように言われます。

しかも悪かった所、こうすればいいのにと思った所の方を、多く言えと言われます。

まゆみ氏や先輩トレーナーからも、良かった点はそこそこに、悪かった点・改善すべき点・分かりにくかった点を集中攻撃されるのです。

はじめは凹みっぱなしでした。

でも徐々に「あ、そうか。次は気をつけなきゃ」と凹む気持ちもマヒしていきました(笑)。

SNSでもご購読できます。