No.17 どんな状況でも必ず希望は生まれてくる

1月末のある朝 耳づまりと首がちょっと痛くて 「あれ、寝違えたのかな?」

次第に 首と肩全体が痛くなって、おかしいー!

翌日 「顔が上がらない 首がまっすぐならない」 何が起こったかわからない。

無理矢理首をまっすぐすると 激痛。
横になってしばらくすると痛みはなくなる。

腰も90度にして 首をおさえたままじゃないと 歩けない。。。

だんだん 首の痛みが 耐えれなくなって、

整形外科では、「寝違えでしょうね、湿布して安静にしてください。2、3日でよくなりますよ」って

どういう寝方してここまで痛くなるの?

寝相の悪さにあきれながら、帰宅。

それから3日間先生の言葉を信じたのに!、良くなるどころから 悪化。

首と同時に頭全部が痛くなって 布団の中から動けない。
寝てても 痛い、起きると、3秒も歩けず、さらにひどい痛み。

割れそうに頭全体が痛い

眼球は押されたままのような痛さ

首は腫れ上がったような痛さ

あまりの痛さに 気絶して 睡眠 そして、痛みで目が覚めての繰り返し
5日間 パンの耳をちょっと口にするだけが精一杯
お水を飲む気力もなく 倒れてた。

なんで こんなことになったのか。。。

病気になるのはきっと意味があるんですよね。

「モンテ・クリスト伯

どんなに絶望的な状況に陥っても「いや待て」決して諦めてはいけない。

どんな状況でも必ず希望は生まれてくるのだから。

SNSでもご購読できます。